空室クリーニング

空室クリーニングが増える時期がきました。

ぽかぽかおそうじサービスでも3月以降の空室クリーニング承っております。

1R キッチン
1R 浴室

床ワックス剥離作業

この時期ワックス作業をされる方も多いのではないでしょうか。

今回、床ワックスをよりキレイに仕上げるための剥離作業をご紹介します。

ワックスはそのまま特に何もせず重ねて塗る事が大半だと思いますが

一度今まで塗ったワックスを取り除きワックスを塗る事で

よりつやを出したりきれいに仕上げることができます。

【ワックス剥離手順】

【1】剥離剤を剥離したい床全体に塗布する。

ワックス剥離剤例。
https://item.rakuten.co.jp/zaccaya-r/10011115/?gclid=CjwKCAiAis3vBRBdEiwAHXB29CiEIpsfBogbBbcxKNxiZPv56RRuiXrMJK_QRocIhQfwXYqveM7nYRoCnCAQAvD_BwE&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

【2】塗ったら、スポンジなどで磨き古いワックスを浮き上がらせましょう

(剥離剤が乾かない様にテキパキ作業します)

【3】濡らした新しい糸モップで床を水拭きします(剥離剤を広げるために使用したものを使わない)

【4】濡れた床を拭きます。

(水切りワイパーで水を集めてチリトリで水を取り除いています)

5床を完全に乾かす(拭いて水気を完全に取り除きましょう)

新しい乾いた糸マップで拭きあげています

以上で床の剥離作業は完了です。

剥離後の床へワックスを塗っていきましょう。

写真は所属するハウスクリーニング協会( https://www.jhca.or.jp/ )で先日実施された剥離作業研修会のものです

床下床上浸水 消毒除菌防カビ作業

このたび台風19号による災害で被害を受けられました

皆様に心よりお見舞い申し上げます。

10月より栃木県佐野市へ台風19号

による被災者宅様の洗浄除菌作業のお手伝いをさせて頂いております。

市内中心部で床上床下浸水の被害が多数あり、驚きにたえません。

流れてきた泥が集められ道路端に寄せられています。

洪水被害で営業が再開できていない店舗も市内まだまだ多数あります。

今回は室内の泥を除去されたお宅様へ

浸水箇所の高圧洗浄機による洗浄

消毒剤や防カビ剤の噴霧作業をさせて頂きました。

室内に流入した土の中や汚水に様々な雑菌が含まれているため

洗浄、消毒し防カビ作業が必要になります。

これから家の中の改修、修理などを行う上でも必要になってきます。

佐野市は厄除け大師や、ラーメン、いもフライなど

見どころやおいしいものがたくさんある街です。特に佐野ラーメンは個人で経営されているお店が市内各所にあり、何度訪れても飽きさせません!

青竹打ちの麺はつるんとした優しい喉越し
あら煮定食750円 これ全部でこの価格!

一日も早い復興を心より祈念しております。

★浴室鏡ウロコ汚れ

浴室内鏡に掃除してもしても全く落ちない、白いシミの様な汚れがありませんか。

それは鏡のウロコ汚れと言って

スポンジで磨くと一旦キレイになりますが

乾くと再度汚れが浮き出てきます。

●この汚れの犯人

水が乾いた後、水滴は蒸発しますが水に含まれる

カルキやカルシウム分はそのまま残ります。それがうろこ汚れの犯人なんです。

★掃除前 白いウロコ汚れが付着してます

付着させない様するには浴室使用後、鏡に水を残さないことです。

体を拭いたタオルなどで、鏡も一拭きすれば、汚れがつきにくいかもしれません。

とは言うものの、なかなか毎回水拭きとることは難しいかもしれません・・・

●うろこ汚れの落とし方」。

そこでウロコ汚れが鏡についてしまった時の簡単な落とし方をご案内します。

鏡のウロコは先にお伝えした通り

水に含まれるカルキやカルシウム汚れであり、

その汚れはアルカリ性の汚れに分類できます。

アルカリ性汚れの除去には酸性洗剤を使用します。。

洗剤の説明書をよく見ると

アルカリ性、酸性、中性と説明がありますので確認してくだい。

例えば以下の写真の様な感じで記載があります。

酸性洗剤を使用しスポンジ等で鏡をこすります。

強くこすり過ぎると鏡自体に傷がつくのでご注意。

汚れが落ちにくい場合は洗剤をつけたまましばらくそのままにして

汚れに洗剤を浸透させてください。

★実際にご家庭で掃除する場合は手袋をして下さい。酸性洗剤で肌が荒れます。

汚れの度合いにもよりますがキレイになるはずです。

★掃除後 気にならない程度までキレイになりました。

【注意】・酸性洗剤はしっかり水で流して下さい。・酸性洗剤は他の洗剤などと混ぜないでください